着物買取の際に準備しておくものは?

証紙があると高く買い取ってもらえる?

着物買取のサービスはいろいろありますが、どこも高価買取の基準は似ているので、そう難しく考える必要はありません。一番良いのは着物の証紙があることです。証紙は宝石などで言うところの保証書のようなもので、あると高く買い取ってもらえる場合があります。
古い着物であっても有名作家が作ったものであれば、高い価値があるかもしれません。もちろん保存状態次第といった場合もあるので、そこは意識しておきましょう。帯もある場合は用意しておくと良いです。
査定の際にいろいろと説明してくれるケースも多いので、その時に気付いてからでも問題は無いです。査定はあくまで買取価格を知る方法なので、査定後でも買取に出すのを止めることは可能です。

まとめて買取に出した方が良いことも

サービスによっては着物をまとめて買い取ってもらった方がお得といったこともあります。古く、色あせた着物でも、まとめて売れば買取価格アップといった業者も多いからです。
また着物だけでなく、草鞋や帯、その他小物も同時に買取に出せる場合もあるなど、サービス形態は様々です。業者によっては宅配で査定してもらい、査定結果が出た後で売るかどうか決めることもできます。良いお店が近くに無いといった際にでも利用すると良いでしょう。24時間無料査定を受け付けているといった業者も最近では多いです。そのため時間の融通が利かない人でも買取サービスを利用することが可能となっています。
ちなみにどういったサービスであれ身分を証明するものが必要な傾向にあります。