どんな状態の着物が高く買い取ってもらえるのか?

まだ使用可能な着物が高く買い取られる

着物の買取を依頼する際、高く買い取ってもらうためには良い状態にしておくことが必要です。状態が良ければ必要とされ、その分価値が生まれるため、高く買い取ってもらえます。
着物の良い状態とは、また使用することができる状態のことです。ボロボロではない、古臭くない、貧乏臭くない状態にすることが必須であり、そのためには手入れしなければなりません。まず、着物の汚れやシミ、傷や糸のほつれなどを取り除くと良いでしょう。丁寧に取り除くことで着物を大事に扱うことができ、良い状態へと近づけることができます。後は、不自然な折り目やシワをアイロンでなくせば、新品に近い状態へと仕上げることができます。これで着物がまだ使用できることをアピールでき、買い取り価格を上げる結果となります。

着物セットすべて買い取ってもらう

着物を購入する際、入れ物や小道具などがセットになっていたはずです。それらを含めて買取を依頼することで、着物の価値が上がり、高く買い取られやすくなります。
セットにすることで着物一式を手に入れることができるため、買取側からすると得することになります。その分値段を上がるので、依頼側も得することができます。このとき、着物同様に入れ物や小道具の手入れも忘れてはいけません。まだ使用できることをアピールするために、入れ物の埃を取り除き、汚れを取り除きましょう。また、小道具に関して、不備がないかチェックし、修理できる部分は修理しておき、良い状態で買い取ってもらえるようにすることが大切です。着物をセットで買取、しかも手入れが行き届いていれば価値が上がり、より高く買い取られやすくなります。