着物買取の相場はどのくらい?

着物の種類によって買取額の予測をすることは可能

自分の手持ちの着物がいくらで買取ってもらえるかを知るためには実際に買取業者に査定してもらうしか方法はありません。
しかし、着物の種類や状態などの状態からある程度の予測をすることはできます。
例えば、その着物が格の高い正絹の振袖や訪問着であれば数千円から数万円程度、格の低い小紋や付け下げなどではそれより低い金額となると考えられるのです。
しかし、それより高い査定額がつく場合と逆に低い査定額がつく場合もあります。査定のポイントはその着物の付加価値です。買取業者が再び販売する時に売りやすいと思える条件などがあった場合には査定額はアップする傾向にあります。しかし、売れない要因になるかもと考えられるマイナスポイントがあった場合には当然査定額が下がってしまうのです。

その着物の付加価値が買取額に大きく影響します

では着物の付加価値というのはどのようなものなのでしょうか。
まず、その着物がどこで作られたどんな着物なのかということが挙げられます。特定の地域で作られている紬や有名な作者の着物は着物の格に関わらず高い金額で買取られる可能性が高く、証紙や落款といった証明があれば数十万円の値がつくこともあります。
また、もともとそれほど高価な着物でない場合にもその着物自体の状態の良さは買取価格に大きく影響します。例えば、防虫剤などの移り香がない、深いたたみジワやシミ、カビなどの見た目の遜色がないことはとても重要なポイントです。買取査定に出す際には室内で陰干ししてにおいをとったりシワを伸ばしておいたりして、少しでも高く査定してもらえるような努力をしてみてはいかがでしょうか。