着物を売るときの流れはどうなっているか?

店頭買取や宅配買取の流れについて

着物を買い取ってもらう場合ですが、方法によって流れが違ってくるので自分の目的や生活スタイルによってぴったりの手段を選びましょう。まず店頭での買い取りですが、お店に売る予定の着物を直接持ち込むことになります。近くに着物を買い取っているお店がある場合におすすめの方法です。着物と一緒に身分を証明できるものを持っていけば、すぐに査定してもらえます。査定をしてもらったスタッフに質問をしやすいのも特徴です。交渉をしたいならば店頭買取を検討してみましょう。
遠方で店舗に行くことができない場合は宅配買取があります。ダンボール箱などに着物を入れて、お店まで着払いで送るだけです。身分証明書はコピーして一緒に入れましょう。結果はメールや電話で連絡してもらえます。

出張買取の流れについて

着物買取を行っている店舗が自宅から遠いという方におすすめなのが、出張での買い取りです。電話で問い合わせて自宅まで来てもらう方法になっています。電話ではどんな着物を売るのか、近くに駐車場はあるかなど質問されることがあるので準備しておきましょう。家まで来てもらった後は、店頭での買い取りと同じように1点1点査定を行っていきます。査定金額に納得できれば、その場で現金を支払いしてもらえることも多いです。
このような買取をしてもらう際の流れを知っておくと、とてもスムーズに売ることができます。どのような買取方法でも身分を証明できるものが必要になるので早めに準備しておきましょう。身分証明書はパスポートや健康保険証、運転免許証などです。